目指せ!光の外連師への道

アクセスカウンタ

zoom RSS ライティングの基本「ブラックボックス」と透明なブツ撮りの復習

<<   作成日時 : 2017/01/04 08:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 8 / コメント 1

最近ライティングの勉強でお世話になっているのがイルコ・アレクサンドロフさん。
かなり動画もアップされていて、いろいろ教えてくれます。


そこで学んだのがブラックボックスという考え方。
室内灯の影響をゼロにするため、
真っ黒に写る露出に設定します。

これをすることで陰影が付きやすくなるのです。
画像

人形の右斜め下からストロボを当てました。
だから左側に影が出ています。
こうすることで、普通の写真とは趣の違うものが撮れます。

ということで、ブラックボックスを作ることから、
昔習った白バックで透明なものを撮るということの復習をやってみました。

まずはブラックボックスを作ります。
画像

ポートレート撮影なら絞りを開けるのですが、
今回はブツ撮りなのでF11にしました。
シャッターは1/200、ISO100で真っ黒です。

次にこの設定の時に背景がF11で適正露出になるように、
透明容器にはF5.6で適正露出になるようにライティングを設定しました。
今回使用したのはニッシン Di866 MarkU。
105mm(35mm換算)でガイドナンバー60、35mm(35mm換算)でもガイドナンバー40という大容量ストロボ。

リモート発光させる場合はD7100のコマンド機能を使うこともできますが、
細かい設定ができないのでニッシンのAir 1とAir Rを使って電波式リモート発光させました。


Air Rを使うと、Air 1でニコンの純正ストロボもリモート発光可能です。
なので明るさが必要な背景をニッシンDi866で、
被写体をニコンSB-700で照らします。


背景F11、被写体F5.6という設定は、
背景が明るく、容器が少し暗く写る設定ですね。
画像

それでも透明な容器は背景の明るさを通してしまうので、
背景と同化して写ってしまいます。

なので容器の両側に黒ケント紙を立ててエッジに黒い映り込みを作ります。
画像

感覚を忘れていて横に立てただけではエッジが暗くならず、
黒ケント紙を建てる場所を探し当てるのに苦労しました^^;
かなり後ろ側にしないと映り込みませんでした。

でも位置さえわかれば、後は黒ケント紙が写らないように撮影してやればOK。
画像

これで何とか昔の感覚は取り戻せました。
今回はあまりブラックボックスの恩恵は無かったですが、
これから少しずつライティングの設定や陰影の出し方にトライしていきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クリップオンストロボの選び方〜ガイドナンバーと照射角について
初めてのクリップオンストロボはニコンのSB-700でした。 最近はTTL(through the Lens)技術でレンズに入ってくる光の量を感知して、 ストロボが自動に発光量をコントロールしてくれます。 ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/01/10 09:44
ストロボの照射角と簡易ディフューザーについて、Roundflashの効果について
よくニッシンデジタルのセミナー動画を見ます。 ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/01/14 14:08
ハニカムグリッドでスポット背景に挑戦in発掘!グラドル文化祭
呪いの言葉・・・ ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/01/30 00:00
第1回筋肉「陰影」撮影に挑戦!モデル:ほんまかよこさん
さてさて、発掘!グラドル文化祭での撮影報告も、佳境に入ってきました。 自分で言うな! ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/02/07 14:38
久々のシグマ50mm F1.4 EXで撮影〜ニッシンAIR1が不調・・・
3灯ライティング初挑戦ということで望んだ、2/5女子撮る撮影会。 しかし一時は3灯とも光らず、 最終的に2灯光ったものの撮れた写真は数枚・・・ ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/03/13 10:55
桜餅でキラキラ料理写真に挑戦〜オンカメラでの料理撮影について
最近プロのカメラマンや写真編集技術者と知り合い、 写真関連の仕事が増えそうな防長健児です。 ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/03/17 22:52
フィギュア(艦これ・陸奥)でスカイライト、アクセントライトの練習
イルコ・アレクサンドロフさんの影響を受け、 ブラックボックスでの撮影に凝っている防長健児です。 ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/03/24 08:49
フラッシュ撮影会(ZERO STUDIO)で撮影してきました
最近は個撮(個人撮影会)が中心で、 グループ撮影会、セッション撮影会での撮影はほとんど参加していません。 理由は、 照明のセットが組めないから です。 ...続きを見る
目指せ!光の外連師への道
2017/03/29 10:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

私も仕事でカメラマンの撮影に立ち会ったりするんですが、
ライティングは奥深いですよね。
ライトの当て方で全然仕上がりが変わってきますもんね。
トトパパ
2017/01/04 11:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ライティングの基本「ブラックボックス」と透明なブツ撮りの復習 目指せ!光の外連師への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる